法人が認定NPO法人に寄付をした場合の税制優遇について

テーマ:よくある質問

Q 法人が認定NPO法人に寄付をした場合の税制優遇について教えてほしい。

A 法人が寄付を行った場合、寄付金の損金算入限度額の枠内で損金算入することができますが、法人が認定NPO法人に寄付をした場合は、寄付金の損金算入限度額の枠が拡大されます。

 

NPO法人への寄付金は「一般枠」の中でしか損金算入できませんが、認定NPO法人への寄付金は「一般枠」+「特別枠」の中で損金算入することができます。
一般枠=(資本金等の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4
特別枠=(資本金等の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2

 

例えば、資本金500万円、所得100万円の法人の場合

NPO法人への寄付の損金算入枠は9,375

認定NPO法人への寄付の損金算入枠は50,000