「脱税」と「節税」の違いについて

テーマ:脱税、節税

 

先日、税理士研修に参加し、国士舘大学法学部教授の酒井克彦先生の「私法」の講義を受講しました。

先生のお話になった、本屋に例えた「脱税」と「節税」の違いは、分かりやすく、そして、とても面白かったので、

紹介したいと思います。

 

ある本屋で。

学生の「立ち読み」に困った店主は、店の至る所に「立読禁止」の貼り紙をしました。

学生Aくんは、店主から見えないように棚に隠れて、立ち読みしています。⇒これが「脱税」(ルール違反)です。

 

さて、ここである問題が生じました。

これでは、本を買うためレジに並んでいる客も本を読むことができません。

そこで、店主は、レジ周りにテープを貼って、そのなかでの「立ち読み」を認めました。

学生Bくんは、テープのなかで立ち読みしています。⇒これが「節税」です。

 

どこにでもずる賢い人はいるもので、さらに、こんな学生もいました。

学生Cくんは、レジの近くで堂々と本を「座って」「読んで」います。⇒これが、「租税回避」と言われる行為です。

一休さんのとんちの世界ですね。「この橋(端)渡るべからず」

 

なお、この租税回避については、租税訴訟で争われることになりますが、裁判所は、あくまでも中立的な立場を

とっており、「租税回避けしからん罪」なる罰則はなく、実際の事件では事実認定と法解釈により解決が図られ

ているということです。

 

おしまい