【わかる簿記初級】伝票会計②伝票から取引を推定

テーマ:簿記

 

こんにちは。台東区上野・浅草で開業している公認会計士・税理士事務所「アイケイ会計事務所」です。

アイケイ会計事務所は、NPO、ソーシャルビジネスや社会起業家を応援しています。

 

社会課題の解決に取り組む社会的企業(株式会社などの営利企業や、NPO法人や社団・財団法人など

の非営利組織)のスタッフ、経理実務担当者が知っておきたい「簿記」の基礎を、日商簿記3級の試験問題

を題材に分かりやすく解説します。

今日は、「伝票会計」②伝票から取引を推定について見ていきます。

 

【問題】

当店は入金伝票、出金伝票、振替伝票の3種類の伝票を用いて処理している。次に示した各伝票から取引を推定し、その仕訳を記入しなさい。

(入金伝票)

科目

金額

売掛金

50,000

(振替伝票)

借方科目

金額

貸方科目

金額

売掛金

200,000

売上

200,000

 

【解説】

●順番に伝票を仕訳にします。

①入金伝票から売掛金の入金50,000があったことが分かる ので、借方(左側)に現金50,000、
貸方(右側)に売掛金50,000を記入します。

借方科目
(かりかた)

金額

貸方科目
(かしかた)

金額

現金

50,000

売掛金

50,000

②振替伝票から掛け売上200,000があったことが分かる ので、借方(左側)に売掛金200,000、
貸方(右側)に売上200,000を記入します。

借方科目

金額

貸方科目

金額

売掛金

200,000

売上

200,000

●最後に、すべての仕訳を合算します。

 

【解答】

借方科目

金額

貸方科目

金額

現金

売掛金

50,000

150,000

売上

200,000

 

【ポイント】

三伝票制は、入金伝票、出金伝票、振替伝票の3種類の伝票に記入する方法です。

五伝票制は、入金伝票、出金伝票、仕入伝票、売上伝票、振替伝票の5種類の伝票に記入する方法

です。

入金伝票には入金取引を、出金伝票には出金取引を、仕入伝票には仕入取引を、売上伝票には売上

取引を、振替伝票にはそれ以外の取引を記入します。